よくある質問 - Q&A

  • HOME
  • よくある質問 – FAQ

Q1:学ぶのは難しくありませんか?
Q2:効果が現れるのにどのくらいの期間が必要ですか?
Q3:他の瞑想法と比べてどのくらいの効果がありますか?
Q4:他の瞑想法で上手くいきませんでした。TMであれば私にも効果がありますか?
Q5:心をコントロールするのが苦手ですが、TMを実習できますか?
Q6:瞑想中、何が起こっているのですか?
Q7:TMに対して懐疑的だと、十分な効果を得られませんか?
Q8:TMを学ぶために生活習慣を変える必要はありますか?
Q9:本やビデオからTMを習得することはできますか?
Q10:TMはどのようにして習うのでしょうか。


Q1:学ぶのは難しくありませんか?

TMは、努力や集中の要らない瞑想法ですからとても簡単に学ぶことができます。
職業、学歴、宗教などに関係なく、全世界で1000万人以上がTMを学び、その効果を楽しんでいます。
子どもからお年寄りまで、どなたでも気楽に実践することができます。



Q2:効果が現れるのにどのくらいの期間が必要ですか?

多くの方が、学んだその日から深いリラックスを体験されます。数日以内に劇的な変化を体験する方も少なくありません。日々の瞑想を通して、効果は累積的に現れます。

TMを規則的に行うと、日々の生活の中で肯定的変化が起こり始めます。効果は必ず現れますが、ストレスの蓄積状況により、効果の体感に多少時間がかかる方もいます。多くの方はすぐに効果を体感します。



Q3 :他の瞑想法と比べてどのくらいの効果がありますか?

TMと他の瞑想法やリラックス法を比較研究した、スタンフォード大学での146件の科学的研究をメタ解析したところ、「不安感の減少」について2倍以上の効果があることが分かっています。

「自己実現の増大」については、42件の科学的研究をメタ解析したところ、他の瞑想法と比べて3倍から4倍の値を示しました。

また、個人の体験として、いろいろな瞑想法を試したけれど続かなかったり効果を感じなかった方でも、すぐに有益な効果を体験されています。



Q4:他の瞑想法で上手くいきませんでした。TMであれば私にも効果がありますか?

はい、効果があります。そして、誰でも学べます。

TM中の体験される「超越の体験」は、心が完全に静寂になると同時に十分に鋭敏になる体験であり、私たちが完全な人間への発達を目指すために不可欠な、そして人間にとって最高の体験であると、古代文献に記されています(そして現代科学の研究がそれを裏付けています)。
なぜなら、TMを通して体験することは、心の安らぎ、無念無想の体験です。

しかし、一般にその状態に到達するのは困難です。
心を静めようと努力すればするほど、実際には心の働きが盛んになっていくからです。

「真の瞑想は努力の要らないまったく自然なやり方で心を超越の状態に至らせる」というのがマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーのメッセージです。純粋な静寂の体験は、心が我が家に帰ってきたように感じる体験です。それは心にとって最も楽しい体験であり、その状態に至った心は大きな満足を得ます。

心がどれほど騒がしくても、心を静めようと努力しなくても、TMの正しいやり方を教われば、最初に何度か瞑想するだけで静寂の状態を体験できます。

そして、その安らぎを体験することの効果として、不安、依存症、自己実現、脳の発達、そしてこれまでに研究された他のあらゆる面で、それを学んだどんな人にも一貫して有意な改善をもららすことが科学的研究により確認されているテクニックです。



Q5:心をコントロールするのが苦手ですが、TMを実習できますか?

全く問題ありません。他の瞑想法と違い、TMの実践には、集中力、心のコントロール、熟考、または特定の思想などは必要ありません。

誰でも簡単に実践することができます。たとえ、ADHD(注意欠陥多動症)の子どもや、PTSD(心的外傷後ストレス症候群)に悩む兵士であっても、実践可能です。



Q6:瞑想中、何が起こっているのですか?

TMは、忙しく活動的に常に外側に向いている私たちの心を自然と内側に向かせ、ざわついた思考の領域から、より静かで精妙な想念の領域を通って最も内側深くの静寂と平穏の意識の源(純粋意識)を体験します。
それは心が深く安らいでいて、明晰で、満ちている心地のよい状態です。



Q7:TMに対して懐疑的だと、十分な効果を得られませんか?

TMから得られる効果は非常に科学的なものですので、信じていても信じていなくても同じです。

私たちの心は、より魅力的なものに惹かれるという傾向にあります。また身体には、ストレスを取り除き、生理機能のバランスを整えようとする傾向があります。

この心と身体の自然な傾向に基づいた瞑想法なので、自然で、自動的で、全く努力することなく、私たちの意識を内側の静寂へと持っていくことができます。

これは、私たちの身体の機能そのものですので、「信じている、信じていない」と言う考えによって、効果が左右されるものではありません。


Q8:TMを学ぶために生活習慣を変える必要はありますか?

いいえ。少しも変える必要はありません。

TMは、人々がストレスを減らし、健康を改善し、生活を健全にし、知性を向上させ、人間関係を良好にするために用いる実用的なテクニックです。それは生活様式ではなく、また、いかなる種類の哲学や信仰も要求されません。

あらゆる宗教、あらゆる文化を背景とする650万以上の人々がTMを実践しており、それによって多くの人々は自らが属する文化をより身近なものに感じています。

それは、TMが「本来の自分自身を取り戻す」ためのテクニックだからです。

それは人々の生活習慣が変化しないということではありません。TMを学んだ人々の多くは、不摂生が減り、より快適な生活を送るようになります。

しかしそれは自然にそうなるのであって、決して努力や要求からではありません。通常、TMの結果として本来の自分を取り戻していくと、自然にそれまでの習慣は健康に良くないのかもしれないと感じ始めます。そしてやがては、より快適で健康な生活スタイルに取って代わられるようになります。



Q9:本やビデオからTMを習得することはできますか?

ゴルフのスイングやバイオリンを習得する場合を想像してみてください。良い指導者が適切に指導することの大切さが十分に理解していただけると思います。

TMを習得するのは簡単ですが、とてもデリケートなものですので、お一人ずつ個別で指導する必要があります。

そのため、十分なトレーニングを受けた公認のTM教師によるマンツーマンでの指導によってのみ、正しく習得することが可能です。



Q10:TMはどのようにして習うのでしょうか。

1、TMは、古くから教えられてきた同じ方法によって教えられています。

TMを習得するために、長い間練習する必要はありません。というのも、その方法が全く自然であるからです。文化、宗教、学歴に関係なく、誰でも簡単に学ぶことができます。そして、多くの場合、その効果はすぐに感じられます。1日2回20分ずつ瞑想を続けるだけで、望ましい結果が自動的に得られます。

2、個別の指導が必要です。

人は皆それぞれに異なった傾向をもっていますから、瞑想の体験も一人一人異なっています。そのため、TMを習うときには訓練された教師から個別の指導を受ける必要があります。一人一人に合わせた個別の指導を通して、自然で努力のない瞑想ができるようになり、最大の効果が得られるのです。

3、フォローアップ・ミーティングによって体験を深めていきます。

それはとても自然なテクニックなので、一度習った後は自分一人で行うことができます。しかし、瞑想のやり方を確認してもらいたいときには、TMセンターでチェッキングを受けることができます。どのような指導が必要になるかは人によって異なりますが、必要なときには教師から指導を受けることができます。

また、瞑想を続けていくと、その体験が時とともに変化します。すると様々な質問や疑問がやって来るかも知れません。そのようなときには、いつでも質問して疑問を完全に晴らしていくことができます。